日々の喜怒哀楽を綴ります。

『眼の海』

ファイル 1434-1.jpg

辺見庸さんから『眼の海』が届く…静かに静かに読んでいたい。
しかし、詩編の根底にあるカオスを凝視すべき我が身なのだ…。

トラックバック一覧

コメント一覧