日々の喜怒哀楽を綴ります。

暗闇に耐える思想

ファイル 1753-1.jpg

昨日、南さんにいただいた同書を一気に読んだ。
暗闇の中の一字一句が「今」を照らす。
暗闇の中にサイードと辺見庸が浮かんだ。
田中正造~松下竜一~小出裕章、この流れは水脈であり、地下茎でもある。
絶望の時代に「暗闇の思想」が一条の光となる。
「花乱社」編集長日記

トラックバック一覧

未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2013年07月17日19時41分

コメント一覧