日々の喜怒哀楽を綴ります。

今日は…

ファイル 2217-1.jpg

アウシュビッツ解放記念日。
On 27 January 1945, the largest Nazi death camp, Auschwitz-Birkenau, was liberated by Soviet troops.
『アウシュビッツ平和博物館』のサイト

トラックバック一覧

未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2014年06月17日03時37分

コメント一覧

東京の貧乏人 2014年01月29日17時51分 編集・削除

ヒトラーのナチスよりも、さらに巨大規模の強制収容所(ラーゲリ)システムを張り巡らした、スターリンのソ連。

そのスターリンのソ連が、アウシュビッツを解放した、という歴史の皮肉!

ナチス(SS)の犠牲者が600万人なら、スターリン(NKVD)の犠牲者は実に1,000万人に及ぶ、ラトビア、エストニア、リトアニアのバルト三国に、チェチェン、そしてあの「カティン」のポーランド人も含めて。

そして、そのナチスの迫害を生き延びたユダヤ人が第二次大戦後、アメリカの支援を受けてパレスチナに国家を創り、今度はパレスチナ人(パレスチナのアラブ人)を迫害しているという、「昨日の被害者は今日の加害者」というおぞましき構図!

同じことは、レジスタンスで占領者ナチスに抵抗したフランス人が、ベトナム、アルジェリアでは圧制者となって、ベトナム人レジスタンス(ベトミン)、アルジェリア人レジスタンス(FLN)の殲滅を図った、というこれまた「昨日の被害者は今日の加害者」の構図が繰り返された。

映画「カティン」(アンジェ・ワイダ)「アルジェの戦い」(ジッロ・ポンテコルヴォ)が、そのことを伝えてくれる。