日々の喜怒哀楽を綴ります。

神戸金史さんから関西の皆様へ。

ファイル 3682-1.jpeg

【関西のみなさま、ぜひ!】
ラジオの報道ドキュメンタリー『SCRATCH 線を引く人たち』を、大阪の毎日放送(MBS)さんが放送してくれることになりました。2月5日(月)の19時~20時という、とてもいい時間です。ぜひ、関西地方のお友達に「『スクラッチ』はMBSラジオで聴けるよ」とお伝えください。

私の長男は、重度の知的障害を伴う自閉症を持っています。相模原市の障害者施設で46人を殺傷した植松聖被告は、面会を申し込んだ私に、こんな言葉を突き付けてきました。「いつまで子供を生かしておくのですか」
殺人実行犯の視線が私たち家族に向けられていることに、おぞ気が走りました。
在日コリアンや沖縄に対するヘイトスピーチに見られるように、「自分と、ある人々との間に一線を引き、向こう側にいる人々の尊厳・存在を認めない言動」が、現代の日本に少しずつ広がっているように、私は感じています。
SCRATCHは「地面にガリガリと線を引くこと」を意味するそうです。
番組は障害者殺傷事件を軸に、誰かとの間に一線を引く行為について考えてみます。 私と植松被告との直接対話を再現したほか、「浪花の歌う巨人」趙 博さんの8分間の熱唱を盛り込みました。美しいマンドリンの調べは、 矢野 敏広さんの演奏です。
RKB毎日放送・TBSラジオの共同制作で、プロデューサーはTBSラジオの 鳥山穣さん。ナレーションはTBS長岡 杏子さんとRKB坂田周大さんです。12月29日に北部九州と関東で放送したほか、琉球放送さんと北海道放送さんでも、この年末年始に放送していただきました。

コメント一覧