日々の喜怒哀楽を綴ります。

50周年

ファイル 4103-1.jpg

高野雅夫さんからいただきました。
亡父も、文の里夜中の生徒でした。
夜中…「よなか」とちゃうで、「やちゅう」やで。

コメント一覧