日々の喜怒哀楽を綴ります。

革筆(絵文字)

ファイル 487-1.jpg

ジャンジャン街入り口で絵文字を書いる中国人男性がいました。見事な腕前に惚れて「笑福亭伯鶴」を頼めば、じっくり入念に、それこそ精魂込めて描いてくれました。エエ退院祝いがでけました(パチパチ)。

トラックバック一覧

コメント一覧