日々の喜怒哀楽を綴ります。

オアシス

ファイル 488-1.jpg

伊丹空港のオアシスは、空港労働者用食堂で一般の利用も可。しかし、人目の着かないところにあるのである。安い!量が多い!うまい!で、一つ気付いたことがある。何度も利用しているが、パイロット(操縦士)やスチュアーデス(空中小姐)の姿をついぞ見たことがない。これは差別か、はたまた、棲み分けか?いずれにせよ、「庶民の味方・オアシス」である(実は、あんまり知られたくない)。

トラックバック一覧

コメント一覧

ひぐま 2009年05月10日18時40分 編集・削除

かつて空港事務所に勤務していたことがありましたが、
食堂に行くのは地上職員ばかりでした。

乗務員は基本的に会社から出されるお弁当を食べるので、
空港食堂ではあまり見かけません。
しかも常に時間に追い立てられる仕事なので、
待機中の飛行機であわててかき込んでいます。
食べ損なうこともしばしば。
ちなみに機長と副機長は絶対に違うお弁当を食べます。
食中毒になったときに一人は助かるためです。

パギやん 2009年05月11日09時13分 編集・削除

ひぐまさん、コメントありがとうございます。なるほど、そういう事情でしたか…乗務員さんも大変なんですね。なによりも安全第一!現場仕事は、飛行機も道路工事も舞台も、みな同じですなぁ。