日々の喜怒哀楽を綴ります。

拉致対論

ファイル 642-1.jpg

太田昌国さんの「誠意」が本書を生んだと言っても過言ではない。『異論』から『対論』へ--同時代を生きる私たちが、共に響き合うために。

現代企画室のサイト

トラックバック一覧

コメント一覧