日々の喜怒哀楽を綴ります。

復刻

ファイル 3622-1.jpgファイル 3622-2.jpg

那須圭子さんが誕生日プレゼントにと送ってくださいました『ニッポンの嘘』で菊次郎さんが泣いていた、その涙が忘れられません…。

名古屋へ

ファイル 3621-1.jpg

真ん中の白い奴--
名古屋から新幹線に乗る。岐阜羽島を過ぎた頃、俺の左横の席で化粧しだしよった。香害!「匂いがキツイのでやめてください」と言うも、完全に無視された。その後、入念に髪の毛の手入れ。昨日あるいは今朝シャンプーしてないの丸わかり。超ミニスカートに黒のストッキング…何をか物語らむ。
コヤツ、京都で降りた。まだ香害は残る…男の俺が言う資格はないと知りつつ、言わせてもらいます。「あんた、男が描く女像に嵌り切って、それがあんたの人生か?」。
「その時代と社会に支配的なイデオロギーは支配者のイデオロギーである」(マルクス)。支配的イデオロギー染まった被差別者(マイノリティ)は、支配者以上に醜い!

鶴橋・福寿司にて

ファイル 3620-1.jpg

【愚句】
この鮑 へばりついての ストライキ
外したくても 外せない君(笑)
++++++++++++
950円なんだけど、結局、食えませんでした。
以前、無理に外そうとして水槽が割れてしまったそうで…。

茅ヶ崎へ。

ファイル 3619-1.jpegファイル 3619-2.jpeg

2回目の「長谷川ホール」は、抜群のアコースティック環境!
シャウトも弱音も、隅々にまで浸みて行くのがわかります。
今年、11回目の『人間であるために』公演、
フルフルハウスのお客様でした!
打ち上げは、思いもよらぬ「誕生日祝賀会」となりました。
感謝・深謝・多謝!

江古田へ。

ファイル 3618-1.jpegファイル 3618-2.jpeg

ギャラリー古藤にて「貝原浩展/万人受けはあやしい」のオープニングライヴで歌いました。フルフルハウス!見知った顔、初めてお会いする方々、貝原さん来てたと思います。期間中にもう一度来たいなぁ…。

公園にて

ファイル 3617-1.jpeg

【愚句】
銀杏の 落ち葉散らして 冬隣

十三へ。

ファイル 3616-1.jpgファイル 3616-2.jpg

今月の「三水会」は、スーパーマジシャン・シャデー氏のマジックショウ+コース料理。
もう、脳味噌沸いて、どうしようもない(笑)。

堺町画廊へ

ファイル 3615-1.jpg

様々な想い出のある「堺町画廊」で『鄭琪満作陶展』オープニングライヴ。
フルハウスのお客様、感謝・深謝・多謝!

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動