日々の喜怒哀楽を綴ります。

新宿梁山泊30周年公演

ファイル 3406-1.jpgファイル 3406-2.jpg

「腰巻おぼろ-妖鯨編」チケットは4月22日より発売いたします。

NUTS・アンコール公演

ファイル 3407-1.jpg

座・九条での初公演は、素晴らしい時空となりました。
入場料収入と経費がピッタリ一致(笑)。
可もなく不可もなく…。

猫が/で考える。

ファイル 3405-1.jpg

「武士に二言はない」とは、一度ロにした言葉を取り消したり、また、約束を破るようなことはしないということ。このエトスは「日本男児」に継承されて、勇壮果敢な皇軍兵士のパトスを滾らせた▲したがって、武士(=日本男児)のモットーは「不言実行」である。言葉にせずとも黙ってやることをやる!これこそ武士の最高実践原則だ▲「有言実行」とは、ロに出したことは必ず実行するの意。元々は「不言実行」の「不言」を「有言」に置き換えた新四字熟語だ。やろうとしていることを口に出さないのは、失敗した際の安全策であり、今では「不言実行」より「有言実行」の方が立派だとされる。因みに、この国の国会では「有言不実行」が常識である▲「私や妻が関係していたということになれば、これはまさに、私は、間違いなく、総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」と安倍晋三は国会で答弁した。関係どころか、ズブズブの関与が白日に晒されたのだから、言葉通りにすべきだ。何よりも、辞任しないのは「常ニ国憲ヲ重シ国法に遵ヒ(法令を守り国の秩序に遵いましょう)」という教育勅語の精神に悖るではないか。安倍、稲田、菅、松井…みな腹を切れ!これがせめてもの「武士の情け」ぢゃ。
(『まねき猫通信』NO.177 巻頭言)

よう歩いた…

ファイル 3404-1.jpg

22日の公演に向けて、日永「ネタ繰り」…心地よい疲れだ。

恒例「三水会」

ファイル 3403-1.jpg

「予約2」だったのに7人もお越し下さいました。
くみこシェフの腕は冴えわたる!
松岡さんの復帰を鶴首して待つ…。

ジャメビュ

ファイル 3402-1.jpg

平野運河の辺にあるMさんち。
ジョギングしてて、未視感…。

聖躅??

ファイル 3401-1.jpg

大阪市中央区本町橋にある商業施設「マイドームおおさか」の植え込みにこんな碑が。睦仁がここでションベンしたのかね?あ、ウンコか?(笑)。ほかにこんなにもある

上田へ…何度目の「ホタル」

ファイル 3400-1.jpgファイル 3400-2.jpg

由緒正しき上田教会は、明治9年の建設。
お客さんの反応は極上でした。
打ち上げは「モランボン」。
ここだけは、なぜか浅草(笑)。

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動