日々の喜怒哀楽を綴ります。

また、辛淑玉の快挙!

ファイル 527-1.jpg

野中広務・辛 淑玉『差別と日本人』落手。"香しい"保守主義者・野中と、ラジカリスト・辛の丁々発止。辛 淑玉の核心を抉る問い糾しと、野中広務の正直な受け応えが小気味よい。理論的な掘り下げにイマイチ欠けるものの、本書は「今」を論じてあまりある。麻生・石原はじめ"ボンコ政治屋"や、所謂「運動団体」「革新政党」の幹部連中がなぜダメなのか…ようわかりまっせ。皆、読めよ。