日々の喜怒哀楽を綴ります。

小人プロレスを知っているか?!

ファイル 549-1.jpg

高部雨市『笑撃!これが小人プロレスだ』落手。プロレスとは"異形の興業"に他ならない。男の視姦の対象であった女子プロレスは、男子プロレスに限りなく我が身を寄せ、それに似せることで「テレビ的スポーツ」の座を得た。マッハ文朱→ビューティーペア→クラッシュギャルズ路線は、「見せ物」の痕跡を完全に消すことで成功し、大衆の支持を得たのだった。「男」と「女」のプロレスが市民社会の認知と既得権を確立した時、もう一つの"異形"である「障害」を基調とする小人プロレスは、打ち捨てられて消滅の道を辿った。観客の爆笑を惹起した彼らのショーは何を具象していたか?見る側にいた僕らは、何を見ていたのか?本書はルポの域を超えた社会学書であり、告発の書である。