日々の喜怒哀楽を綴ります。

豊田日記(4)

ファイル 609-1.jpg

朝、豊田市立美術館へ。空間の美が栄える、そえれでいて気取っていない。「水」が訪問者を温かく迎えてくれる。実にいい空間だ。
昼、洗濯&稽古&諸々…。
夜、ホテルフォレスタ豊田は、まさに別天地!トヨタグループ共済組合が経営する施設だとか。広大な庭園の真ん中に特設ステージが組まれて、早々とお客さんが集まってくる。ゆうに二百人以上はいただろう。月が昇るのを久々に観た、満月だ。
『夜叉ヶ池』は、魑魅魍魎と人間の"交流"のお話。魑魅魍魎の「愛」が人間の「欲」に打ち勝つ、その凄まじいまでの情念を、古屋和子が見事に語る。僕は太鼓で必死に絡む…。「山を川にしょう」この唄の秘密を、現代人は知らない(ヒヒヒ...)。