日々の喜怒哀楽を綴ります。

♪フゥフェをムーフーいて~

ファイル 1293-1.jpg

宮崎五朗監督の2作目『コクリコ坂から』を観る。人畜無害の爽やかランド。人物描写がてんでなってない、ひらペッタ~じゃないか--とまぁ、酷評したくなるのだが、「癒し」ではなく「爽やか」で留まった点は評価しよう。いや、その【禁欲】が、かえって良かった。
ネタは、秀作『耳をすませば』と駄作『おもいでぽろぽろ』の折衷。アイディアは『幸せの黄色いハンカチ』、そしてヒントが『赤い絆』(つまり『冬のソナタ』)。"一流観客"の俺にゃぁ、す~ぐわかっちゃったよ。五朗君、ごめんね(笑)。『上を向いて歩こう』を挿入歌として使わなければ、内容が引き締まらなかった…これは、ちぃと痛い。次から気をつけてくれ。理想型のアニメ顔はもう見飽きたから、次回から根本的に考え直してね。それに比して『朝ご飯の歌』が実にいい!ユーミンの『チャイニーズスープ』にゃぁ負けねぇくれぇだ~。
総評:涼風の気持ちよさ!しかし放射能災害には無力。『ゲド戦記』の酷さからするとかなり上達。よって、次作に期待する。