日々の喜怒哀楽を綴ります。

広島逗留記(6)

ファイル 1380-1.jpgファイル 1380-2.jpg

朝、天満川沿いを北へ走る。横川駅近くまで行って舟入まで帰って来ると、ちょうど50分。「体幹を立てよ、股関節を押し出せ、腕は振らずに後方へ、足首は固定せよ」Tarzanで学んだランニング・フォームの改造は効果覿面。
昼・夜、稽古。「一場」「二場」の動き、チンドンの練習…ちと疲れました。終了後、母ちゃん(土屋時子さん)宅で御馳走になったオデンと「太刀魚の一夜干し」がとんでもなく美味しくて、即座に疲労回復(笑)。
♪♪♪♪♪♪♪♪
劇中歌『広島の川』
(作詞:山下勇三 作曲:佐藤允彦)

広島の街ゃあね
川だらけじゃけぇねェ
ちょっとあるいたら
川があるんじゃ

一番目の川は 太田川
太い川じゃけぇ 庚午橋ゃァ 長いんじゃ

二番目の川は 天満川
古い川じゃけぇ 溺れた子も 多いんじゃ

三番目の川は 本川じゃ
ふたまたじゃけぇ 相生橋ゃァ 思案橋

四番目の川は 元安川
ピカドン川じゃけぇ 盆にゃ涙川

五番目の川は 京橋川
長い川じゃけぇ 橋の数は11本

六番目の川は 猿猴川
けつぺた 抜かれるけェ
子供は泳がんのじゃァ

朝の満潮にゃねェ
昼の引潮にゃねェ
ピカドンの恨みが 流れとるんじゃ