日々の喜怒哀楽を綴ります。

乗西寺

ファイル 2309-1.jpgファイル 2309-2.jpg

2005年『歌うキネマ・砂の器』を上演した蔡に縁をいただいて、今日まで付かず離れず--名古屋のお客様はありがたい。
当世・新説『阿呆陀羅経』、ゲンちゃんとのコンビで本邦初公開の記念日でした!