日々の喜怒哀楽を綴ります。

ジャズ・ライヴ(3)

ファイル 3926-1.jpgファイル 3926-2.jpeg

神戸学生青年センター・スタジオ、フルハウスのご来場をいただきました(といっても定員20名です/笑)。
以下、FBの投句から借用いたします。
●Hさん
【最高の一夜 9月22日(土)】パギやん&板さん『All That Jazz 2018』 於:西成「難波屋」。のっけから趙博のオリジナル曲で一番好きな(と、昔、彼に伝えたことがある)『合わせ鏡』だ。聴く度に逝った友・先輩・仲間と、その時間が込み上げ苦し懐かし痛いのだ。けれど、この出だしから今夜がワシの為のライブだと勝手に思えるから不思議。続いて、ワォ~、北原ミレイ『石狩挽歌』ジャズ風アレンジにはごド肝を抜かれた!ワシの大好きな歌でして(それがどうした?)、カラオケでよく歌うのだ。歌詞の「わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る」に圧倒され、「今じゃさびれた」「ニシン御殿」のその背景の作詞者なかにし礼さんのご実兄の波乱の生涯が思い出され万感迫るのだ。これが、ジャズに・・・?どうなるのやらと息を呑んで構えた。果たせるかな、パギ+板橋文夫のジャズ風『石狩挽歌』は圧倒的だった。足元から震えるような曲と歌唱だった。隣で感極まった女性がボロボロ泣いている。こう料理されては、なかにし礼さんも北原ミレイさんも文句はないだろう。ビリー・ホリデイ「Strange Fruit」、数十以上あるというアリランに関する未完の「アリラン考」を書くぞとの表明して歌った「アリラン」も秀逸だった。終盤歌った「ヨイトマケの歌」は、これはもうパギの独自域だと言える。その云わば「当事者性」は、同じく近似の世界を抱える聴衆の胸に刺さり、**さん、++さん、〇〇さん、などが今夜もボロボロ・・・、歌唱と聴衆が一つになっていた。歌の力だ。板橋文夫さんの「渡良瀬川」は聴くこと二度目だが、川の全体を写術的を超えて力強く繊細に表し、音楽に不案内なワシにも届いた。圧倒されます。
●Oさん
昨日は、大阪市西成区 難波屋さん、板橋文夫さんとパギやんさんのライブ。もう何年も前から一緒にライブをされているお二人ですが、私は知りませんでした。でもお二人ともそこそこ知っているつもり。どんなだろうと楽しみに出かけました。結果、驚きと感動❗️ 難波屋さんのグランドピアノのすぐ近くで聴く板橋さん! ソウルフルで多才なパギやん‼️ ギター弾き語りとピアノのコラボでこないなる⁈ さらに、あの曲を5拍子で⁉️え、そんな曲、それも歌う⁉️ さすがの英語曲、さすがのジャズ‼️もちろん、板橋さんsoloコーナーはノリノリ、そして美しい…。サイ&コウのライブ! しかもそれが投げ銭で❣️(^◇^;)。感謝>難波屋さん
さめやらぬ(´ー`)です。いいもん観させて頂きました。ツアーは神戸、名古屋、東京と続きます。