日々の喜怒哀楽を綴ります。

NUTS・アンコール公演

ファイル 3407-1.jpg

座・九条での初公演は、素晴らしい時空となりました。
入場料収入と経費がピッタリ一致(笑)。
可もなく不可もなく…。

恒例「三水会」

ファイル 3403-1.jpg

「予約2」だったのに7人もお越し下さいました。
くみこシェフの腕は冴えわたる!
松岡さんの復帰を鶴首して待つ…。

上田へ…何度目の「ホタル」

ファイル 3400-1.jpgファイル 3400-2.jpg

由緒正しき上田教会は、明治9年の建設。
お客さんの反応は極上でした。
打ち上げは「モランボン」。
ここだけは、なぜか浅草(笑)。

久々のジョイントライブ

ファイル 3399-1.jpg

もう四半世紀の付き合いになるか…ホン・スングヮンと大阪でライヴでした!

何度目の…マルコハウス

ファイル 3391-1.jpg

二組4名のお客様と、僕ら2人と、マルコさんご夫婦。
8人だけの贅沢な2時間でした。
でも、もうちょっと来て欲しいなぁ(笑)。

なないろアルシェ

ファイル 3383-1.jpgファイル 3383-2.jpg

一昨年に続いて二度目の「なないろ」。
札幌のお客さんはあったかい!

青春の門・筑豊編

ファイル 3379-1.jpg

【橋本康介さんの投稿から】
アジール空堀」20回記念公演 趙博 声体文藝館
『青春の門 筑豊編』満席御礼!
3月26日(日)15:00~ 隆祥館書店多目的ホール
BGMではないのだぞ、と敢えてストーリー展開とは違うリズムで登場する「織江の唄」(作曲:山崎ハコ、作詞:五木寛之)が、ひときわ印象的だった。
織江・信介・タエ・重蔵・竜五郎・朱烈・矢部虎たちの時代、
戦後・貧困・侠気・朝鮮人・自立・希望…筑豊はそれを抱えていた。
その心を湛えていた。

怒れる60、70年代の会

ファイル 3378-1.jpg

60〜88歳までの活動家・思想家達が50名結集!
憤怒と忸怩と憔悴と反省と希望を、語り合った。
一番若い私は『老人は国会をめざす』熱唱(笑)

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動