日々の喜怒哀楽を綴ります。

慰霊の日の『人間であるために』

ファイル 3835-1.jpg

豊川市・One By One で。
ライヴハウスが劇場になりました。

名古屋ダブルヘッダー

ファイル 3834-1.jpegファイル 3834-2.jpeg

昼、「愛実の家」の皆さんと楽しく歌いました。ノリノリの45分!
夜、熱田「働く人の家」に50人のお客様。大盛況の110分!

秘密ライヴ!

ファイル 3826-1.jpeg

京成線「八広駅」近くの『ほうせんかの家』で非公開ライヴ!15人のぎゅうぎゅう詰めで、あっという間の2時間でした。美味しい料理、楽しいお話、優しい人々…need anything more?

「在日」無頼控 出版記念ライヴ

ファイル 3825-1.jpeg

国立のカフェれらで満々席のお客様とあっという間の2時間。終演後は野菜カレーとビールとウイスキーで慎ましく宴会。感謝・深謝・多謝!

『「在日」無頼控』出版記念宴会ライヴ

ファイル 3820-1.jpg

得意の「ホルモン鍋」、そして、今回初挑戦の「マッコリ」、ともに上出来でした。ライヴ終了後も延々と談義が続き、後片付けも何もかもゼーンブ終わったのが午前2時でした(笑)。

鶴の橋マルシェ

ファイル 3816-1.jpgファイル 3816-2.jpg

すっかり定着した「鶴の橋マルシェ」。お母さんパワーが凄い!みんなで楽しく歌いました。

岡真理講演会、満員御礼

ファイル 3809-1.jpegファイル 3809-2.jpeg

ナオユキ
パギやん
ダニー・ネフセタイ
小多基実夫
山田洋一
菅野瑞江
岡真理
そして、スタッフ
そして、参加者の皆様!

金時鐘コレクション刊行記念シンポジウム

ファイル 3808-1.jpegファイル 3808-2.jpeg

姜信子さんの基調講演、金時鐘先生の自作詩朗読、そして、4人のパネラーによるシンポ、濃厚な3時間半でした。
世界文学、メタモルフォーゼ、ハイブリディティ、「からっぽ」と「つめすぎ」…議論は尽きない。「なぜ今、金時鐘か」それは、時代の要請であるからだ!

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動