日々の喜怒哀楽を綴ります。

琉球新報社説

140年前の琉球の人々が今の沖縄を見たら何と言うだろうか。当時から連綿と続く植民地支配のにおいをかぎ取るに違いない。

 明治政府は1879年4月4日、琉球藩を廃し、沖縄県を置く旨を全国に布告した。「琉球処分」(琉球併合)といわれる廃琉置県である。これに先立ち政府は先鋭の武装警官や兵士ら約600人で首里城を包囲し、武力で威圧した上、尚泰王や官員らを城から追い出し占拠した。
 「処分」の直接の理由は、中国との外交禁止と裁判権の移管を琉球が拒否したことだったが、政府は最初から併合を狙っていた。琉球の士族らは激しく抵抗する。抵抗運動は瞬く間に全県へ拡大するが、政府が派遣した松田道之処分官は集会の全面禁止を命じ、警察を使って運動を弾圧する。多くの役人を逮捕し、棒で殴るなどして拷問した。
 「琉球処分」は井上馨大蔵大輔(現在の事務次官級)による1872年の建議書がきっかけとなった。琉球国王を「酋長」と蔑称で呼び、軍事の観点から琉球を「要塞」と位置付け「皇国の規模拡張」を狙う内容だった。琉球併合後、内務大臣の山県有朋は沖縄を日本帝国の南門とし「国防の要」として、日本海軍の国防戦略で最も重要な軍備対象の一つに位置付ける。
 琉球王国の約500年の歴史に終止符を打った廃琉置県の布告から140年がたった。沖縄は何が変わり何が変わらないのか。
 その間、沖縄は本土決戦に備える時間稼ぎのための「捨て石」作戦により、12万人余の県民が犠牲になった沖縄戦を体験した。その後、米国の統治下で広大な米軍基地が築かれ、反共防衛の「要石」にされる。日本復帰後も米軍基地は維持され、全国の約7割を占める米軍専用施設(面積)を背負わされている。尖閣諸島の有事などに備え、自衛隊配備の強化も進んでいる。
 こう見ると、琉球併合後の沖縄は、日米の軍事的なとりでにされ続けている点では変わらない。基地被害に苦しむ住民の意思を無視し、抵抗を抑え付け、沖縄を国防の道具のように扱う様もそうだ。それはもはや植民地主義と言うほかない。廃琉置県の布告は、それによる支配の始まりと言うこともできる。
 米軍新基地建設に向けた辺野古の埋め立てはその象徴である。沖縄の人々は知事選や国政選挙、県民投票などで何度も反対の民意を示してきた。にもかかわらず土砂の投入を強行し続ける政府の対応は「琉球処分」と重なる。
 しかし沖縄の人々は県民投票を実施したように、自分たちの大事なことは自分たちで決めるという自己決定権を主張するようになった。それは言い換えれば植民地主義の拒否だ。沖縄の民意に沿って辺野古新基地建設を断念する。それが日本政府や本土の人々にとって沖縄への植民地主義と決別する第一歩になる。

鶏・糞・家

ファイル 4107-1.jpg

なんと!(笑)

無知蒙昧なアホどもへ。

ファイル 4098-1.jpg

無知蒙昧なネトウヨどもよ!貴様等は、乃木大将や力道山が朝鮮人の血を引く者だということを知らないだろう。また江戸時代の朝鮮通信使の宿所には、漢学者だけでなく庶民まで殺到した。何故だか解るか?それは、自作の漢詩を添削してもらうためだったのだ。貴様等は、漢詩の一つでも勉強したことがあるか?恥を知れ!また、天皇明仁が「桓武天皇の生母が百済の王族であったことから、韓国に親しみを感じる」と述べたことを知っているか?貴様等が引き継いだ「アジア蔑視」は、長州の無知で粗野な成り上がり者たちの歪んだコンプレックスの産物に過ぎない。吉田松陰は「朝鮮と満州を切り取れ」と唱えたテロリストの首魁だ。さぁ、松陰に見習って、貴様等はテロリストたりうるか?まぁ、そのアホさ加減ぢゃ、無理だな…(笑)。

註)乃木大将(希典)。203高地の戦いで、多くの若者の犠牲者を出しながら高地を攻略し英雄とうたわれた。兵庫県豊岡市城崎町の旧乃木町が先祖の発祥地。豊臣秀吉の朝鮮侵略で起きた壬辰倭乱のために渡来し帰化した者が、乃木谷(野木谷)に定住し佐々木姓の女性と結婚し、一子をもうけた。佐々木三太夫源冬純といい、希典は、冬純から数えて8代目。

『黄金の花』

「ネーネーズ」の『黄金の花』の歌詞に♪楽しく仕事をしてますか/寿司や納豆/食べてますか/病気のお金はありますか/悪い人には気をつけて♪という下りがある。外国人労働者への共感と励ましに満ちたこの歌は、♪神が与えた宝物/それはお金じゃないはずよ…黄金で心を捨てないで♪と断言する。
日本国は、農業、漁業、建設業などでの人手不足を補うために、中国やベトナムから「実習生」を受け入れている。2017年に全国の労働基準監機関が5,966件の監督指導を実施した際、実に70.8%の現場で違法状態が認められて、低賃金や虐待が原因で職場から逃亡した例は7,000人超だった。時給180円で毎日18時間労働、多発する死亡事故や自殺、等々が、今、浮き彫りにされている。
「特定技能」という在留資格を新たに加えた『入管法(出入国管理及び難民認定法)』がこの4月から施行されるが、「労働者ではないから労働三権は認められない」というペテンで人権侵害を「合法化」させる悪法以外の何ものでもない。
♪黄金の花は/いつか散る♪…日本は人を幸せにしない国です。

新元号!

ファイル 4090-1.jpeg

雑誌の「新年号」じゃないよ(笑)。

民意?

民意?…民意がどうであれ、新基地建設は阻止すべきだ。つまり、これは真理である。真理の基準は多数決ではない。100万人が虚偽を支持しても、たった一人が真理を体現する。つまり「それでも地球は回っている」のだ。沖縄の怒りと抵抗は「基地反対」という大多数の「民意」として表明された。どれほどのエネルギーとどれほどの情熱とどれほどの「哀り」がそこに込められているか?!つまり「マブイ(魂)込め」の輝かしい勝利だ!
ヤマトーンチュウたちよ!貴様らは「沖縄の民意」に乗っかるな!ましてや「万歳!」を唱えるな!県民投票の大反対は、貴様らの為体を炙り出す炎と覚えよ!これだけの「民意(people’s will)」が指し示されたのだぞ。今度こそ、貴様らは Народная воля たれ!
わかるっかなぁ…わっかんねぇだろうなぁ…。

若者よ、騙されるな!

ファイル 4059-1.jpgファイル 4059-2.jpg

反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!反戦平和!…∞

牡丹革命を!

ファイル 4044-1.jpg

辞書を引くと、「しし」は獣・猪・鹿の意味だとあるが、実は「肉(しし)」が元々の意味で、肉を得る獣本体も同様に「しし」と称するようになったのだ。日本人は肉を食わなかったというのは真っ赤な嘘で、代表的かつ伝統的な肉は「猪肉(いのしし)」と「鹿肉(かのしし)」だ。ところが、猪は何故か肉の名前が本名そのものに転化してしまった。戒名が俗名を乗っ取った、「しし肉」は「肉肉」だ…と滑稽ネタにもなる▲猪肉は牡丹、馬肉は桜、鹿肉は紅葉という異名を有する。獣肉を食べる事が禁じられていた江戸時代、役人に悟られないように隠語として成立らしいが、その真偽の程は別にして、肉の色合いを花や葉の色に喩えたという風流説が良い▲今年の干支「亥」、すなわち猪は、70㎏の成獣が時速45㎞で走ることができる。これが猪突猛進の語源だ。雄の鋭い牙は人に致命傷を与える。六甲山の麓に位置する神戸市や芦屋市の市街地に猪が出没することは日常茶飯事で、夜中に餌を求めて徘徊しているところに遭遇するのも稀ではない。猪諸君よ、今年の早い時期に永田町に出でて猪突猛進し、安倍晋三なる最悪・最低・最凶の独裁者を打倒せよ、なれば、「牡丹革命」だ!
(『まねき猫通信』No.98 巻頭言)

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動