日々の喜怒哀楽を綴ります。

長澤美穂法生さんから--

ファイル 3913-1.jpg

【この小さな体の中で起こっていること】

放射能の話をするよ
《いいね》いらないよ
スルーしないで読んでくれたら
うれしいよ( ・o・)
たくさんの人が被曝をしたこと
海や空や大地が汚れてしまったこと
多くの人は伝えられていない
知らないだけなんだきっと
知っていたら考えたいっておもうもん

『放射能は
目にみえない
匂いもしない
だから、いくらだって
ごまかせるかもしれない』

でもいいのかな
これでいいのかなおとな達
ほんとにこのままで

大人の都合?
『関係ないんだよ、この子達には』

もう一度言うね

『放射能は
目にみえない
匂いもしない』
だからおもいきり想像力を
働かせてほしい( ・_・)

7年前原発事故がおきました
東日本一体にとても強い放射能がふりそそぎ
たくさんの人達が被曝をしてしまいました

『知らない人、たくさんいます』

たくさん言いたいことがあるんだけど

守るはずの国は守るどころか
安心安全だといってしまった

さらには避難区域レベルの場所にも
住んでも大丈夫だと決めてしまった

もっとさらに放射能に汚染された
食品の安全基準も変えてしまった

【放射能の食品安全基準( ・_・)】
事故前
私たちが食べていた大半のものは1㌔あたり0.1~0.2ベクレル、高くても数ベクレルだったのに
事故後
は1㌔あたり100ベクレルになったんだ

『100ベクレルまで食べても
大丈夫だよって決まってしまったんだね』

100ベクレルって
ドラム缶に入れて
厳重に管理されなきゃいけない数値なんだけど
今現在も全国にこの食品が流れています

【ベクレル】って
360度に向かって放射線が『バンッ!』
って撃たれる単位のこと

1ベクレルは1秒間に1発
『バンッ!』
3ベクレルなら1秒間に3発
『バンッ!バンッ!バンッ!』
10ベクレルなら1秒間に10発
『バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!』

100ベクレルなら?
『ドリフだよね(´-ι_-`)』

これが口から入って
お腹の中に入っていったら?

人工的な放射能は
私たちの体の遺伝子を
容赦なく切ってしまいます

成長期の細胞分裂を
さかんにくりかえす子ども達の遺伝子を
『バンッ!!!!!』
切られたら。。。

見えないから
想像力を働かせたいんだ

たくさんの子ども達が
ガンになってしまいました
病気もたくさん増えました

終わったはなしではなく
被害がどんどんでてくるのは
これから

その裏で
『選ぶことができない子ども達が傷ついていることを絶対に忘れないでいてほしい』

この小さな体の中で起こっていることを
1番最初に1番真っ先に考えてあげなくてはならないことを

『それができるのは
私たちおとなだということを』

二の次にされていることを
知っていてほしい

【1番大切なもの】を見失わなければ
ちゃんとこたえがだせるから

なんど傷つけば
私たちは気づく事が
できるんだろう

『なんかおかしいね
って』みんなで考えたい

その時に今
まちがいなくたたされてるもん

鶴橋密会

ファイル 3908-1.jpg

【奇妙な寄合い】~国境・民族を超えて~

左から--
1、デンマーク人:カミ・ニルソン51歳。
(90年代半ば日本在オーバーステイの元イラン人)
2、在日朝鮮人二世:趙博61歳。
(浪速の歌う巨人パギやん)
3、「アジール空堀」世話役:橋本康介70歳。
(25年前、カミの雇用主)
4、日本人:ムハンマド・シャジャリ60歳。
(国籍取得 元イラン人、京大卒、貿易商)

キャラメル

ファイル 3886-1.jpegファイル 3886-2.jpeg

きむ・きがんの新作『キャラメル』、圧巻!

高野雅夫さん

ファイル 3879-1.jpg

高野雅夫さんと初めてお会いしたのは、もう40年以上前だと思います。「闘士」の風貌は「好々爺」のそれに変わって、それでも、迸る情熱は全く変わっていません。来年「天王寺夜間中学校」の50周年を迎えます。「文字を奪い返す」…教育の原点に、高野さんはきょうも敢然と立ち続けているのです。

胡麻焼酎

ファイル 3838-1.jpeg

うまくできました!
リキュールですよ。

無事帰阪

ファイル 3827-1.jpeg

뭐, 할 말이 있나?

友遠方より来たる。

ファイル 3819-1.jpgファイル 3819-2.jpg

韓国で超有名なシェフ&ライターの朴晶日(パク・チャニル)氏が来阪、3年越しの『大阪老舗店(仮)』の最終取材である。さっそく「オモニ」へ。近著『老舗』をいただきました。彼のことを一言でいえば「料理する知性」だ。

路傍の雑草

ファイル 3818-1.jpg

この
草の
如く
あり
たい

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動