日々の喜怒哀楽を綴ります。

鶴橋&道具屋筋へ

ファイル 3604-1.jpg

親友のご母堂が亡くなって、今日の用事は全部キャンセルして葬儀会場に。会葬後、一人項垂れて福寿司へ行けば、ナナナ…なんと、高校の同窓生のKと遭遇。彼は、今や日本屈指の脳神経外科医で、昨年6月の「還暦祝賀同期会」(有馬温泉一泊)以来の邂逅である。「福寿司」の大将は、新世界・ジャンジャン町にある大興寿司で長年修行してこの店を持ったのだが、浪速区ネイティブであるKはその時代からの贔屓だとか。高校時代、彼は堂々と本名を名乗り、目立たず、それでいて独特の存在感を醸しながら、現役で京大医学部へ入った。京大病院を務め上げて、いまはO病院に籍を置きながら「フリーランスで外来や手術、後輩の育成」をしているとのこと。「今日は予定あるの?」「全部キャンセルした」「ほな、僕の行きつけの立ち飲み屋へ行こう」と誘われ、道具屋筋へ向かった。昔話と世間話に花が咲いて、勘定は全部K君がもってくれた。有り難きは、45年来の友哉--。

京都へ

ファイル 3603-1.jpgファイル 3603-2.jpg

満亭は、関西フォークの歴史と切っても切れないお店、念願叶ってやっと来られました。生前、永六輔さんもここの「エビコロ」をご贔屓にしていたのです。柔らかいからねぇ(笑)。17:00頃、幸か不幸か客は僕一人。食事中、マスターとずーっと話しながら、時間旅行をしたような気分に浸りました。

粉浜商店街へ

ファイル 3593-1.jpg

「たかだ歯科」へ通って、もう20年は経つだろうか。同院のある「粉浜商店街」は、大阪で奇跡的に残った「まっとうな商店街」の一つだ。道幅がせまく、いつも活気があって、周囲に大型店舗はない。八百屋、魚屋、肉屋、菓子匠、乾物屋、服屋、食堂、薬局、電気屋、昆布屋、時計屋、小間物屋、履物屋、お惣菜屋、帽子屋、喫茶店、天麩羅屋…小商いの老舗が軒を連ねて、住吉公園まで約600メートル並ぶ。老夫婦が切り盛りする「実城豆腐店」も、そのうちの一軒。
僕は小さい頃、「揚げさん(薄揚げ)」や「厚揚げ」のクズをよく買いに行かされた。油の通りがきつすぎたり、ムラがあったりしたものは商品として出せないので、只同然で売っていた。「パンの耳」みたいなもんだ(この「だ」は大阪弁の「だ」)。でも、今は機械で揚げてるから、クズは出ないのだろうな。おからも御馳走だった--。朝の「豆腐屋の湯気と匂い」、ほんわかして嬉しいものだ(この「だ」は共通語の「だ」)。

京橋「まつや」

ファイル 3579-1.jpeg

【愚句】
敗戦後 特注せしは 錫湯呑

表参道密会

ファイル 3576-1.jpg

はい、共謀しております。
「12月17日/星陵会館・風刺ライヴ」に
出演することとあいなりました。

息子よ。そのままでいい

Youtube「障害を持つ息子へ」

■神戸金史さんから--
まずは、9分間の映像と音楽をご覧になって!
私は7月、「Perfect just the way you are Project」と題した企画への参加を呼びかけました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
相模原の障害者殺傷事件から、まもなく1年となります。障害を持つ当事者、それに親の私たちは、大変つらい気持ちにさせられました。ほかのどの子とも同様、私たちの子供もかけがえのない存在です。「わが子を愛おしく思う気持ち」は、変わりません。
そこで、多くの家族の写真をスライドショーにするプロジェクトを考えています。「障害のあるわが子を愛おしく思う気持ち」が込められた写真を募集します。
ただし、写真がネット上で公開されることをご承認ください。また、数を絞り込みますので、応募写真全ては採用できないことをお含みおきください。
【募集】
・幼いころの写真 1枚
・この1年間に撮影した写真 1枚
・お子さんのファーストネーム
 (ニックネームも可)
【締切】事件から1年となる7月26日
ーーーーーーーーーーーーーーー
実は、相模原事件の3日後に私がFacebookに投稿した1年前の文章を「詞」として、大阪の歌手パギやんが曲を作り、歌ってくれたのです。
その音楽に、集まった67人全員の写真を重ね9分間の映像にしたものを、相模原事件の月命日に当たる本日、Youtubeで公開しました。
名前も、表情もある子供たち。
親である私たちには、かけがえのない大事な存在なのです。
私たちの思いに共感してくれた方、ぜひシェアをお願いいたします。文字スーパーを英訳したバージョンも、しばらくしたら公開します。広く伝わりますように。

大衆

ファイル 3551-1.jpg

疲れ切った体を「大衆」で癒す…

祝!退院!

ファイル 3537-1.jpg

石川真央さんの退院祝いにお送りした「パンダマスク」!
着想写真を送ってくれました(笑)。

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動