日々の喜怒哀楽を綴ります。

広島へ

ファイル 3485-1.jpg

2011年に『ばらっく』を上演した、その同じ場所で、今日は「峠三吉と四國五郎を偲ぶ」会。偲ぶだけじゃない、彼らの偉業を私たちがどう継承するかという極めて実践的課題を、永田浩三さんがお話ししてくださいました。「世界に輪郭を与える絵と言葉」あっという間の150分。終演後、お馴染みの「九太呂」で交流会…広島は、もう僕の故郷です。

祭りの後の…

ファイル 3474-1.jpg

まだ、花園の余韻が残っています。
最後の最後に撮った集合写真!
一人ひとり、同志であり仲間です。
感謝・深謝・多謝!

友遠方より来たる。

ファイル 3418-1.jpg

伊東市の陶工天野雅夫さんの個展が終わりました。
この時期、毎年桃谷の[MU]で開催されています。

ジャメビュ

ファイル 3402-1.jpg

平野運河の辺にあるMさんち。
ジョギングしてて、未視感…。

葛尾村にて

ファイル 3395-1.jpg

帰還した人、できない人、しない人…

六ヶ所村口寄せからくり算用

ファイル 3372-1.jpg

思えば劇団1980の芝居を見るのは初めてだ。三浦伸子の客演が一段と彩りを添えていた。1990年初演のこの作品、今だからこそより一層価値がある。

石川真生トークショー

ファイル 3350-1.jpg

癌再発の報を聞いて、横浜美術館でのトークショーに駆けつけた。濃厚な90分の「演説」は、迸る情熱と漲る闘魂に充ち満ちていた。そして「ご心配の方々もいらっしゃるでしょうが、私は長生きします。いま、私が死ぬことは沖縄にとって大損失だから」と涙で締めくくった。僕も、泣いた…けど、元気だよ、ネェネェは(笑)。

鳥取〜福山〜広島

ファイル 3340-1.jpg

昨夜のライヴ&トークを終えて「日乃丸温泉」で朝風呂。
10:08の特急「いなば」で福山へ、韓服工房「春(チュン)」初訪問。
18:30、久々の「九太呂」で旧友を温める。今年の「8・15」は広島で。

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動