日々の喜怒哀楽を綴ります。

ばん

ファイル 3700-1.jpeg

45年の老舗です。

十三へ。

ファイル 3694-1.jpg

7月28日「ピビンバ寄席(10杯目)」の打ち合わせで『風まかせ人まかせ』へ行ったら、バリから帰って来てたナビィちゃんとばったり遭遇!合縁奇縁に感謝。

お見舞い、そして梯子酒

ファイル 3688-1.jpeg

昨年12月10日、僕の主治医である荻野さんが倒れたというメールが入った。容体は危機的だという。続いて、笑福亭仁勇さんが脳幹出血で倒れたという知らせ…4日後に亡くなった。2017年12月10日を、僕は決して忘れないだろう。
さて、一命を取り留めた荻野さんが一般病棟に移ったというので、患者同盟の由美さんとお見舞いに行ったところ、かなりの回復を見せていて安堵…しかし下半身は動かないだろうとのことだった。医者の不養生とはこのことだ!でも、二人で胸をなでおろして、谷六「そのだ」で一献傾ける。
その後、僕は西成に移動して「難波屋」「はな」とハシゴしたのだが、いずれも大切な打ち合わせのためである。と言いながら結構飲んでしまった(笑)。

落手

ファイル 3687-1.jpeg

一気に読んでしまった!

アメリカ村で。

ファイル 3677-1.png

出会ってしまった(笑)。

みふね にて。

ファイル 3670-1.jpegファイル 3670-2.jpeg

女将が一見ギャルに怒鳴った。
「そんなもんはうちにない、外で飲み。38度線の中に入って来るな、出直して来い!」
そんな『みふね』の粕汁は200円。
女将曰く「空襲で焼け出されて舟場からここへ来たんや。昭和21年から商売してんねんから…え?72年か、ウチも歳取るはずや(笑)。あたり真っ黒、ルンペンやら乞食がいーっぱいおった。ぎょうさん人が死んだ、毎日毎日な。けど、人の繋がりっちゅうもんがあった。みんな一緒や、言うな」
僕は応えた。
「さっきのギャルみたいな自分勝手はおらんかったんや」
女将「せや、せや(笑)」
おあいそ…焼酎、ワイン、田楽二本、焼売、粕汁、締めて970円…涙ちょちょ切れるわ(泣;)。

風まかせ人まかせ「忘年会」

ファイル 3659-1.jpgファイル 3659-2.jpg

パギやん特性「ホルモン粥」で13人が舌鼓…リゾットのつもりが、米を入れすぎてお粥になっちゃった(笑)。

高松へ。

ファイル 3657-1.jpegファイル 3657-2.jpeg

朝、松山からkさんご夫婦に車で香川県木田郡三木町まで送ってもらって、人形師・池原翁と初対面!木偶芝居と人形劇の世界性を垣間見た。
昼、道中二回も讃岐饂飩を食す。美味い!
夜、Fさんが回数券を恵んでくださったので、高松からバスで帰阪。

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動