日々の喜怒哀楽を綴ります。

大阪アジアン映画祭

ファイル 3712-1.jpg

『朴烈』が
オープニング作品として上映されます。
外務大臣・内田康哉役のパギやんが、
ちょこっと出てます(笑)。

「両国門天」連続講演

ファイル 3711-1.jpgファイル 3711-2.jpg

三ヶ月ごとに二日間、計8回公演です!

今年もやります。

ファイル 3706-1.jpg

芸人9条の会、5月5日こどもの日!

映画『朴烈』大阪で上映!

ファイル 3695-1.jpg

第13回大阪アジアン映画祭のオープニング上映が『朴烈』に決まった!
パギやんは、外相・内田康哉の役で、ちょこっと出てます(笑)。

5・27岡真理講演会

ファイル 3689-1.jpg

今年は「1948年70周年」。この年、美空ひばりが歌手デビュー、太宰治は愛人の女性と共に玉川上水で入水自殺した▲文部省が朝鮮学校閉鎖令を出し、学校を死守せんと立ち上がった在日朝鮮人の闘いに対してGHQは阪神間に戒厳令を布いて弾圧した。済州島「四・三事件」で8万人が虐殺され、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国がそれぞれの政府を樹立、南北分断が始まった。イスラエルが独立を宣言、アラブ連盟がイスラエルに宣戦して第一次中東戦争が勃発▲戦後最大の疑獄事件と言われた「昭和電工事件」が起き、戦後最大の労働争議「東宝争議」は終結を余儀なくされた▲衆参両議院で「教育勅語排除」が決議され、全日本学生自治会総連合(全学連)が結成された。国連総会で「世界人権宣言」が採択された▲明治150年の「祝賀」よりも、この70年を振り返ることのほうが、もっともっと重要だ。
結集せよ、「5・27岡真理講演会」へ!

神戸金史さんから関西の皆様へ。

ファイル 3682-1.jpeg

【関西のみなさま、ぜひ!】
ラジオの報道ドキュメンタリー『SCRATCH 線を引く人たち』を、大阪の毎日放送(MBS)さんが放送してくれることになりました。2月5日(月)の19時~20時という、とてもいい時間です。ぜひ、関西地方のお友達に「『スクラッチ』はMBSラジオで聴けるよ」とお伝えください。

私の長男は、重度の知的障害を伴う自閉症を持っています。相模原市の障害者施設で46人を殺傷した植松聖被告は、面会を申し込んだ私に、こんな言葉を突き付けてきました。「いつまで子供を生かしておくのですか」
殺人実行犯の視線が私たち家族に向けられていることに、おぞ気が走りました。
在日コリアンや沖縄に対するヘイトスピーチに見られるように、「自分と、ある人々との間に一線を引き、向こう側にいる人々の尊厳・存在を認めない言動」が、現代の日本に少しずつ広がっているように、私は感じています。
SCRATCHは「地面にガリガリと線を引くこと」を意味するそうです。
番組は障害者殺傷事件を軸に、誰かとの間に一線を引く行為について考えてみます。 私と植松被告との直接対話を再現したほか、「浪花の歌う巨人」趙 博さんの8分間の熱唱を盛り込みました。美しいマンドリンの調べは、 矢野 敏広さんの演奏です。
RKB毎日放送・TBSラジオの共同制作で、プロデューサーはTBSラジオの 鳥山穣さん。ナレーションはTBS長岡 杏子さんとRKB坂田周大さんです。12月29日に北部九州と関東で放送したほか、琉球放送さんと北海道放送さんでも、この年末年始に放送していただきました。

【神田セントラルホテル問題について⑥】

ファイル 3680-1.jpg

・2017年12月21日、金竜介弁護士がセントラルホテルの経営会社である(株)ペリカン企業の弁護士と面会し交渉した。結論としては「運用を変えることはない」との回答であった。

・「フロント係に失礼な言い方があったのかもしれないのでその点はお詫びするが、客の氏名で判断して外国人であると思われる人に外国人であるかどうかを聞き、外国人の場合に在留カードの提示とコピーを求めることは神田警察署の指導によるものであり、支配人の説明のとおりである。厚労省にも問い合わせをしたところ、そのような運用が望ましいとの回答であった」と対応した。

・金竜介弁護士が「今後、同様の運用はやめる意思はないのか」と問い質したところ、「ホテルは任意での提示を求めているので、その点を明示し今後も同様の運用を続ける。<任意であり、拒否しても宿泊を拒否することはしない>との文書を掲示する」と答えた。

・セントラルホテルの所轄は「神田警察署」ではなく「万世橋警察署」であることが判明している。予てより照会していた「外国人の場合に在留カードの提示とコピーを求める指導をしたか否か」について、12月26日に「万世橋警察署長」から東京弁護士会長宛に「照会事項記載の指導をした事実はありません」との文書回答があった。

・原告予定者である趙博は、1月23日に金竜介弁護士と会って今後の提訴方針等を確定する。

大琉球絵巻@丸木美術館

ファイル 3674-1.jpg

前期展示[ Part 1&2 ] 2.10~2.21
後期展示[ Part 3&4 ] 2.22~3.4
●石川真生オープニングトーク
2月10日(土)午後2時 参加自由(入館料別途)
●ギャラリートーク
2月24日(土)午後2時 参加自由(入館料別途)
出演 天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員)
●石川真生ギャラリートーク(※日程追加になりました)
3月3日(土)・4日(日)午後2時 参加自由(入館料別途)

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動