日々の喜怒哀楽を綴ります。

よう歩いた…

ファイル 3404-1.jpg

22日の公演に向けて、日永「ネタ繰り」…心地よい疲れだ。

初めて買った『週刊女性』

ファイル 3397-1.jpgファイル 3397-2.jpg

しっかりした取材と明確な論調。
これぞマスコミの鏡だ。
共謀罪粉砕!
安倍内閣打倒!

無題(笑)

米朝関係の危機…などと聞くと、故・桂米朝師匠を思い出すのは僕だけではないはずだ(笑)。

ずっしり…

ファイル 3386-1.jpg

どっへー!489ページ、手強いな(笑)。
でも、流れるような文体に引き込まれていく…。

落手。

ファイル 3385-1.jpg

"Pachinko" follows one Korean family through the generations, beginning in early 1900s Korea with Sunja, the prized daughter of a poor yet proud family, whose unplanned pregnancy threatens to shame them all. Deserted by her lover, Sunja is saved when a young tubercular minister offers to marry and bring her to Japan.
So begins a sweeping saga of an exceptional family in exile from its homeland and caught in the indifferent arc of history. Through desperate struggles and hard-won triumphs, its members are bound together by deep roots as they face enduring questions of faith, family, and identity.

日の丸を視る目

ファイル 3377-1.jpg

データを整理してたら、こんなん出てきた(笑)。
石川真生さんが12年くらい前に撮影してくれたものだと思います。
【真生さんのコメント】
私の写真集「日の丸を視る目」にパギヤンが出てくれました。日の丸の旗を渡して、「この旗で、日本人を、日本を、あなた自身を表現してください」とお願いしたら、このポーズをやってくれました。

水筒

ファイル 3376-1.jpg

ソウルの国立博物館・ミュージアムショップで売ってる「大韓国人安重根」水筒。中身は、黒きな粉を溶いた豆乳。

全き日常

ファイル 3370-1.jpgファイル 3370-2.jpg

『青春の門』のネタクリをしながら、大阪市内をぶらぶら・とことこ6時間…万歩計は23,000歩を記録していた(笑)。途中、偶然見つけた風景は、まさにデジャブー!
【愚句】 裏路地の 幾とせ踏まれ 石畳
夜、南船場の「南庭」で久々に人間らしい夕食。
今日は「我が1日」の全き日常であった。

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動