日々の喜怒哀楽を綴ります。

移設ではない、新基地建設だ(怒!)

ファイル 4054-1.jpeg

昨年の講演会に来ていただいた真喜志さんの投稿です

9条俳句 さいたま市が掲載へ

ファイル 4021-1.jpg

さいたま市は25日、憲法9条を詠んだ俳句が公民館の月報に掲載されなかったとして作者の女性が起こした訴訟で、市に慰謝料の支払いを命じる判決が確定したことを受け、俳句の掲載を決めたと発表した。掲載時期は未定という。
細田真由美教育長は「判決で掲載義務はないとされたが、作者の気持ちに配慮し掲載する」と述べた。月報については「編集に市民が参画する仕組みづくりも一つの選択肢」とした。
訴訟では、「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句を公民館だよりに掲載しなかったことが、憲法で保障する表現の自由を侵害するかなどが争われ、市に慰謝料5000円の支払いを命じた二審東京高裁判決が20日付で確定した。
女性は「最高裁決定を受けてすぐ(掲載方針が)発表され、市も真摯(しんし)に受け止めたと考えている」とのコメントを出した。
(2018年12月25日 21時27分『時事通信』)

中国新聞記事

ファイル 4008-1.jpgファイル 4008-2.jpg

ぼやく訳じゃないが、関西では取材されたことがないね…。
ナサケナイぜ、記者さんよ!

5年前

ファイル 3972-1.jpg

もう5年も経ってしまった…
しかし、想いは変わらない!

伊豆新聞

ファイル 3937-1.jpg

中山千夏さんからいただきました。
三線初心者の私メ、胸にジンと来ました…。

玉城デニーさんの心情…

と信条がインタビューの再録(沖縄タイムス)によく現れています。「翁長雄志知事の後継者を選ぶのか、安倍政権の操り人形を選ぶのか」--今回の選挙の争点は極めて明白でした。だからこそ、国家権力は総がかりで、デマの拡散、企業・団体への締め付け、期日前投票への恫喝的動員など、あらゆる手段を使って玉城デニー候補を押しつぶそうとしたのです。しかし、ウチナーンチュは独裁権力に屈しませんでした!

書評

26日のシンポ!

ファイル 3803-1.jpeg

全く予約状況が読めません…
心配です。
皆さま、来場くださいませ!

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動