日々の喜怒哀楽を綴ります。

She is nothing but another fascist!

ファイル 3535-1.jpg

安倍の次はコイツか…
ゲンクソ悪い・ムナクソ悪い・
吐き気を催す・ファシスト小池!
日本人民諸君、諸君は決起しないのか?!

コメント一覧

松本英志 2017年10月17日13時36分 編集・削除

北朝鮮「人民」を過酷に、非道に、残虐に支配する金正恩のことは「ファシスト」、と呼ばないのか、呼べないのか?

これは、中共(中華人民共和国=中共帝国)の独裁者、習近平にも同様に当てはまることである。

そもそもが、「人民の国」なるイカサマ神話で、独占資本支配国以上に悪逆非道に「人民」を虐げている連中をまともに批判することすらできない日本の左翼なるものが、信用に値するわけがない!

その独占資本支配国の筆頭であるアメリカ帝国に追従する「日本の保守」なる勢力同様に、「日本の左翼」なる勢力も斯様に全く信用するに値しないのだ。

そもそも、「ファシスト」なる左翼のステレオタイプの罵倒用語、権力の横暴に異を唱える人々を「左翼」と呼ぶ保守のこれまたステレオタイプの罵倒用語、共に「単細胞」にしてクソである!!

いいかげんにしろ!、と言いたい!!

そもそも、「人民」なる「赤い貴族(ノーメンクラトゥーラ)」がその「農奴」である「支配民」を体よく詐称したものに過ぎなかったイカサマ用語は、そのイカサマぶりが暴露され、既にその耐用年数は尽きたのだ。

同様に、グローバリズムなる独占資本=国際金融資本の支配体制(金万能主義、金持ち優遇体制)に依拠したものに過ぎない「小市民の正義」なるイカサマ性と、これはまさに相似形を成している。

この「市民」なる用語(概念)もまた、「人民」同様に、西欧白人列強諸国による世界規模での植民地帝国主義支配と二人三脚で生成された「西欧近代民主主義」なる、「第三世界」と彼らが看做した者たちに対する西欧白人列強諸国の「優越意識」の上に形成された産物、という限界を有したものであることを理解しなければならない。

この左右両勢力のイカサマ性を未だにまともに「総括」し「止揚」できないでいることが、まさに現在日本の不毛さ(何も生み出さない!)そのものなのである!

今や、「人民」(そして「市民」)なる用語に取って代わる、まともな「新たなる概念定義用語」が必要とされているのだ。

この大々的な意識変革を経ずして、日本「人民(市民)」の決起など断じてあり得ない!!

「植民地米領日本人」意識から脱却し、さらには「偏狭なる日本ナショナリズム」からも脱却して、自立精神を持ち、「世界の民」とも共存して行ける境地に日本人は移行できるのか?

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーに「fanto」と入力してください。(スパム対策)