日々の喜怒哀楽を綴ります。

『黄金の花』

「ネーネーズ」の『黄金の花』の歌詞に♪楽しく仕事をしてますか/寿司や納豆/食べてますか/病気のお金はありますか/悪い人には気をつけて♪という下りがある。外国人労働者への共感と励ましに満ちたこの歌は、♪神が与えた宝物/それはお金じゃないはずよ…黄金で心を捨てないで♪と断言する。
日本国は、農業、漁業、建設業などでの人手不足を補うために、中国やベトナムから「実習生」を受け入れている。2017年に全国の労働基準監機関が5,966件の監督指導を実施した際、実に70.8%の現場で違法状態が認められて、低賃金や虐待が原因で職場から逃亡した例は7,000人超だった。時給180円で毎日18時間労働、多発する死亡事故や自殺、等々が、今、浮き彫りにされている。
「特定技能」という在留資格を新たに加えた『入管法(出入国管理及び難民認定法)』がこの4月から施行されるが、「労働者ではないから労働三権は認められない」というペテンで人権侵害を「合法化」させる悪法以外の何ものでもない。
♪黄金の花は/いつか散る♪…日本は人を幸せにしない国です。

こんなん出てきた(笑)。

ファイル 4101-1.jpg

もう13年前か…嬉しかったなぁ。

石川一雄・中山千夏 講演会

ファイル 4100-1.jpgファイル 4100-2.jpg

さて、シリーズ15回目です。
最大結集を!

熊沢誠先生の投稿(全引用)

ファイル 4099-1.jpg

建設運輸連帯労働組合・関西生コン支部(愛称「関ナマ」)への常軌を逸した組合つぶしに抗議する3.10集会。20分あまりの短い「講演」をする機会に恵まれた。大阪西区民センターに溢れる520人もの結集。私が語ったのは、長い闘いを経て獲得され今や先進国の労働法に定着している労働争議の承認ということの意味(刑法上&民法上の免責)/関ナマ弾圧のおそるべき反動性/では、いま、なぜ関ナマか?現代日本の労働運動の徹底したスト離れの状況と、少なくなった「まっとうな労働組合」としての関ナマのすぐれた特徴の把握/民主主義とは自分の生活に関わる事柄への決定権・決定参加権。それゆえ労働条件への決定参加を意味する産業民主主義・労働三権の無条件の保障なき「民主主義」はふつうの労働者にとって虚妄にすぎないという主張/最後に、この闘いがなお全国化しない理由としての、現代日本の「護憲」勢力、左派・リベラルの産業民主主義というもの危機へのあまりの鈍感さなどである。常軌を逸した関ナマ弾圧の粉砕は、国民のすべてとってもっとも喫緊の護憲運動でもあるはずなのだ。
ベテラン(本来の意味は退役兵)が錆びた武器をふるう奮闘だったが、さいわい好評だった。そのうち動画がアップされるだろう。しかしそんなことより、久方ぶりに確認できたのは怒りに燃える人びとの厚みだった。ここではなお労働運動が息づいている。労働者も中小企業もサバイバル競争に追い込むことによってあくなき収奪をはかる大資本も、毒にも薬にもならない「労働組合」しか許さない国家権力も、なめたらいかんぜよ!

あれから百年、あの日から八年

ファイル 4095-1.jpg

満々席のご来場をいただきました。
ありがとうございました!
この国の「劣化」をい憂いつつ
百年目の「3・1」と年前の今日「3・11」
を胸に刻んで、私たちは歩み続けます。

金城実にぃにぃ「来襲」!

ファイル 4096-1.jpg

鶴橋でアワビをたらふく食べて悪だくみもいっぱいいました(笑)。

毎日新聞!

ファイル 4092-1.jpeg

大阪版に載りましてん。
残席まだございます!

京都シネマ『金子文子と朴烈』

ファイル 4094-1.jpg

【会員先行販売のお知らせ】
お問い合わせを非常にたくさんいただいております『金子文子と朴烈』3/14(木)19:50の回上映後のチェ・ヒソさんの舞台挨拶につきまして、本日より京都シネマ会員限定で先行販売を開始しております。 詳細は、こちらをご確認ください

大阪と米国に居住していた帰国子女であるチェ・ヒソさん。本作では、日本人でありながら、朝鮮の独立と日本帝国主義への抵抗を貫いた強い女性・金子文子を演じています。金子文子の自伝に基づいて役作りをし、その過程で日本人なまりの朝鮮語に話しているように聞こえるように、自身のセリフをひらがなに書き直すなど、様々な努力を惜しまなかったといいます。その結果、作品も大ヒットし、本作を機に一気にスターダムへと駆け上がったイ・ジュンイク監督のミューズが、ロングラン上映中の京都シネマに登場します!
この機会をどうぞお見逃しなく!!

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動