日々の喜怒哀楽を綴ります。

中山千夏『活動報告』

ファイル 3651-1.jpg

出ましたね!

猫で/が考える。

ファイル 3650-1.jpg

平成天皇コト明仁の生前退位が2019年4月と決まった。自動的に現皇太子の浩宮徳仁が、第126代天皇に即位する。年号を付けて呼称するのは当該天皇が死去した後でなければならず、また「126代」も科学的根拠に極めて乏しいが、兎にも角にも「Xデー」を回避して2020年に開催すると豪語している東京オリンピックで「新天皇」の世界的お披露目をするのが目的である▲1946年「食糧メーデー」で掲げられたプラカードには「ヒロヒト 詔書曰ク 国体はゴジされたぞ 朕はタラフク食ってるぞ ナンジ人民 飢えて死ね ギョメイギョジ」と書かれてあった。明治以降、日本人が「天皇および天皇制」を少しでも対象化し得たのは、戦争で廃墟・焦土と化した中で飢えに苦しんでいた極短期間だけではなかったか▲今はどうだ?国家・国民こぞって「天皇(制)大賛成」であり、生前退位に異議を申し立てた政党も皆無だった。改めて断っておくが、天皇および皇室に属する個々人は法的には「人」ではないから、彼・彼女らに人権などない。故に選挙権もない。健康状態がどうであれ、死ぬまで国務に勤しむのが「象徴」の仕事だ。「お労しい」のは貧困と格差に喘ぐ人民であって老化した天皇ではない。騙されたらイカンゼヨ!(『まねき猫通信』No.185巻頭言)

星陵会館で。

ファイル 3649-1.jpgファイル 3649-2.jpg

自民党本部、衆参両議院会館、そして首相官邸を睥睨する位置にある星陵会館。ここで、松崎菊也&石倉直樹主催の『風刺トークライヴ』が行われました。ゲストは中山千夏さんと小生。
替え歌『希望』『パスパス(原曲:プカプカ)』が大いに受けました。あ、小生の『怒!阿呆陀羅経』も(笑)。CD爆売、多謝!
打ち上げは、赤坂の料亭(?)にて。

芝居砦・満天星で。

ファイル 3648-1.jpgファイル 3648-2.jpg

師走恒例の「新宿梁山泊シェイクスピア」公演、今年は『オセロー』でした。金守珍さんが「2017年度・韓国最優秀演劇賞(演出)」受賞のお祝いも兼ねて!

アジアンで。

ファイル 3647-1.jpgファイル 3647-2.jpg

11月に続き、今月も歌わせていただきました。
7人のお客様とお店の方お二人、贅沢な一夜(笑)。

【神田セントラルホテル問題⑤】

・12月13日、セントラルホテルを経営する「(株)ペリカン企」の弁護士から受任通知が金竜介弁護士に送達された。これは、担当弁護士からの連絡がなかったため12月8日に支配人に催促をし、やっと連絡が来たものである。

・受忍通知には、ホテル側が11月9日付けで送られて来た斉藤支配人からの「お返事」と題した手紙で終わらせるつもりであった内容が含まれていた(つまり、全く話にならない!)。

・金竜介弁護士は、12月21日に先方の弁護士と面会し説明を求める約束を取り付けた。

・おそらく、先方の顧問弁護士には解決能力はないものと見込まれるので、手順としてまず話し合いをするが、弁護士間の協議で当方が求める解決が図られる可能性は少ない。よって、裁判の準備は並行して進める。

新たな進捗状況が見られましたら、皆様にはまた改めてご報告申し上げます。
以上です。

米軍基地と原発と…

ファイル 3645-1.jpgファイル 3645-2.jpg

今日、明暗分ける出来事が沖縄と広島で起きた。
喜びは消されるが、悲しみを越える希望もある!

Royal Horse で。

ファイル 3644-1.jpgファイル 3644-2.jpg

四日間、私たちは駆け抜けました。各地で温かい出会いに恵まれ、楽しく、嬉しく、そして、辛く悲しい時間も共有しました。こんなコンサートが弾圧される時代を許してはなりません。だから私たちは、歌い続け、叫び続け、奏で続け、闘い続けるのです。お越し下さった皆様、本当に本当に有難うございました!

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動