日々の喜怒哀楽を綴ります。

宣言

ファイル 3432-1.jpg

以上、宣言す!

花たちは今日も…

ファイル 3431-1.jpg

カルミヤが満開です。
瓢箪カズラが今年も芽を出しました。
この小さな薔薇は健気にも毎年咲いてくれます。

眞子がどないしたんぢゃ!

ファイル 3430-1.jpg

ばかばかばかばかばかしい!

猫が/で考える。

ファイル 3429-1.jpg

ゴーリキーは『母』を書いた。ロシア革命前夜、金属工のヴラーソフは過酷な労働と貧困に打ちのめされ、酒に溺れ妻子に暴力を振るう暮らしをしていたが、息子のパーベルは地下活動に参加していた。ある日、工場でスト破りに包囲されて乱闘となり、暴力団に雇われていたヴラーソフが射殺される。母は「危険なことは止めて」と懇願するも、息子は逮捕され、裁判で懲役刑が言い渡される。「真実はどこ!」母の悲痛な叫びが法廷に響いた。母は変わった。メーデーの日、街の隅々から次々とデモの隊列に加わってくる労働者達の中に、母もいた。赤旗が翻り、それに呼応した多くの囚人達が射殺されたが、脱出に成功したパーベルは母と抱き合う…その瞬間、騎兵隊の銃弾が襲った。赤旗を持って隊の前に立ちはだかった母も、剣の一閃を浴びた▲三浦綾子も『母』を書いた。特高に虐殺された小林多喜二の母・セキは、何も悪い事をしていないのに殺された我が子とイエスの姿を重ね合わせて、信仰を得る。神に「白黒つけてくれ」とセキは祈った▲「生きるに値しない命」を是とするこの国家が殺すのは、アカ・ヤクザ・カゲキハ・ショウガイシャ・フテイセンジン、如何様にもなる。そして、共謀罪は幾千万の「母」を産み出すだろう。
(『まねき猫通信』No.178 巻頭言)

内海愛子講演会

ファイル 3428-1.jpg

このシリーズも11回目。
次回は11月23日「おしどりケン・マコ」講演会です。

替え歌でけた!

《Abe Is Over》
*欧陽菲菲 Love Is Over の節で。

Abe is over. 当然だけど 終わりにしよう 切りがないから
Abe is over. 訳などないよ 唯一つだけ 日本のため
Abe is over. 酷い過ちと 笑って言える 時が来るから
Abe is over. 自業自得だろ 悪い夢は 早く忘れて
私はあんたを 忘れはしない
誰に替わっても 忘れはしない
きっと 最後のファシストと 刻むから
Abe is over. 私はあんたにトドメを刺すのさ ぐっと心に
Abe is over. 最後に一つ 国民騙しちゃ いけないよ
(間奏)
下手な答弁で 誤魔化さないで
本当のことを 早く喋って〔そしたら〕
きっと あんたにお似合いの 墓がある
Abe is over. 嬉しいよ 早く出てって 振り向かないで
Abe is over. 永遠に サヨナラしてね
Abe is over.

大馬鹿野郎どもの顔を再度晒してやる!

ファイル 3426-1.jpg

安倍首相:南こうせつコンサートに出演 「度胸で」熱唱
毎日新聞 2013年05月11日 20時41分(最終更新 05月11日 20時55分)

 安倍晋三首相は11日、東京・日比谷野外音楽堂であった南こうせつさんのコンサートに飛び入り出演した。こうせつさんから「せっかくだからワンコーラス」と促された首相は、「女房から絶対歌うなと言われたが、度胸でいきましょう」と「あの素晴らしい愛をもう一度」を約3分間熱唱。「この前のエグザイル(のライブ)は観客の層に違和感があった。今日は私と同年齢の方が多い」と会場を笑わせた。

 これに先立ち、首相は東京都内の映画館で新作「リンカーン」を鑑賞。奴隷制を廃止する米憲法修正案を成立させるため議会対策に取り組んだ第16代大統領に、憲法改正を目指す自身の姿を重ねたのか、「つねに指導者は難しい判断をしなければいけないということだ」と記者団に感想を語った。【村尾哲】

司法は「死」法…

君が代不起立に対する不当判決
もう、地獄への道しかないのか!
三権分立は嘘か!

現代の"人生幸朗"を目指すパギやんが、日々の喜怒哀楽を綴ります。嬉しい出会いあり、怒髪天をつく「怒」あり…【詐欺国ニッポン】を旅しながら、今日も今日とて《反・否・非・不~》なのであります。

ページ移動