歌うキネマ

ホタル

ファイル 4-3.jpg

「昭和」が終わった1989年1月7日、鹿児島に住む元特攻隊員の漁師・山岡秀治は、偶然、密航者の上陸現場に出くわした。その直後、戦友が自殺をし、上官であった金山少尉の遺族の消息がわかる。金山少尉は、本名を「キム・ソンジェ」という朝鮮半島出身の特攻隊員だった。病身の妻・知子と二人でひっそりと生きてきた山岡の周辺に時代の波が襲う。山岡と知子は、「知覧の母」山本冨子[奈良岡朋子]の願いで、ある遺品を胸に、韓国の河回(ハフェ)に渡る。
監督:降旗康男
主演:高倉健・田中裕子
2001年 東映作品

ファイル 4-2.jpg