歌うキネマ

神様こんにちは

修学旅行に行く前の日に突然からだが動かなくなったピョンテ[アン・ソンギ]は、慶州に行って満天の星空を絵に描く夢を抱きながら、ついに一人で旅立つ決意をする。左半身と言葉が不自由なピョンテと意気投合した詩人のミヌ、そして無賃乗車の咎から二人を救った臨月のチュンジャ、3人の可笑しくも切ない旅が始まる。全編ファンタジーと喜劇のロードムービーで、アン・ソンギが見事に「障害」を演じて話題になった。
監督:ペ・チャンホ、1987年公開。

写真集 by 猪飼野朝鮮大学写真部

ファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpg

風の丘を越えて--西便制(ソピョンジェ)

韓国映画ブームの火付け役となった作品で、1993年公開(日本では翌年)。解放直後、ユボン(父)、ソンファ(姉)、トンホ(弟)、血の繋がりのない3人の親子は、パンソリの修行をしながら各地で放浪の旅を続けていた。「時代遅れでキツイだけ」のパンソリ修行に絶えきれず、トンホは逃走する。ユボンはソンファの声に<恨(ハン)>を宿らせいつの日か名唱になるようにと、漢方薬で娘の目を見えなくさせてしまう。<恨(ハン)>に埋もれることなく<恨(ハン)>を越えて唄う…修行の中でユボンが逝き、ソンファは一人ぼっちになる。二十数年ぶりのある日、姉と弟はまみえるのだが、<恨(ハン)>を越えて再会した二人は……。
全編に古典民謡とパンソリが流れ、「韓国人とは誰か」を根源的に問いながら、見事にそれを表出した名作。韓国民主化運動、民衆文化運動の結実とも言える映画。監督:イム・グォンテク、主演:キム・ミョンゴン、オ・ジョンヘ。

ファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpg
■民俗楽器演奏:朴 根鐘、朱 宝覧
■シンセサイザー演奏:ハルマ・ゲン

動画

上演のお問い合わせ・お申し込みは下記まで

■ コラボ玉造[TAMAZO]
〒543-0013 大阪市天王寺区玉造本町 8-18 酒井ビルΙ- 203号室
電話 : 06-6763-0211
FAX : 050-1200-9601

■ 公演のお申し込みは
メールフォームから「開催時期、動員規模、ご予算 など」を明記してお知らせください。