本文へスキップ

在日総合誌『抗路 ―KOURO―』
創刊のことば

「在日」とは、「在日朝鮮人」を意味することばであり、時代的にいうと、1970年代なかばに「在日を生きる」という意味で、積極的に使われ出したことばである。1945年8月の日本の敗戦/朝鮮の解放以後、「在日」が歩んできた路程は、日本のレイシズムと南北分断の持続によって大きく規定され、きわめて苛酷で苦痛に満ちたものであった。しかも今日、日本の差別的状況は深刻化し、ヘイトスピーチの増殖にみられるように、息苦しくなるばかりである。そうしたなかで、「在日」、とくに若い世代は、不安に満ちた日常性を強いられ、希望に満ちた明日への抱負を持ちにくくなっている。
一方で国際化、グローバル化が語られながら、他方で今までにない孤立と閉塞を強いられる矛盾した状況のなか、連帯とか、友好とか、共生・共存が謳われはするが、それらはややもすれば空虚な、中味のないことばに堕しがちである。民主主義とか、人権、平和といった言葉も重要であるが、「在日」にとってはなお抽象的なものに聞こえる。ジェンダーの問題を含めて、「ともに生きる」とは「ともに闘う」ことが前提であり、そのためには外の世界を知るとともに、内なる矛盾を凝視する勇気と智恵が求められる。何よりも、透徹した歴史認識を確保することが欠かせない。
雑誌『抗路』はこうした状況のなかで、諸先輩の遺志を引き継ぎながら、「在日」をとりまく一切の仕組みを糾す力学をはぐくんでいき、「ともに生きる」未来を模索しようとするものである。『抗路』は抗いつつ、明るい未来を信じて生きる路である。それは「在日」の歴史的使命であり、それは多くの人たちと手を携えていくときに初めて可能なことである。気負い立つことなく、しなやかに、微笑みを忘れずに、歩んでいきたい。
                                2015年8月15日

[編集委員] 尹健次 文京洙 趙博
発行◎抗路舎 〒544-0032 大阪市生野区中川西2-15-9
発売◎図書出版クレイン

『抗路』バックナンバー

在日総合誌『抗路』第7号 

2020年7月 刊行!
定価 本体1500円(+税)
A5判 248頁

特集:越境する「在日」
小特集@ 新型コロナウイルスと日韓関係
小特集A 1950年代を考える

今号も多彩な執筆陣で「在日」と「日本社会」、その歴史と現在を考えます。
在日総合誌『抗路』第6号 

定価 本体1500円(+税)
A5判 214頁

特集:「在日」の新時代
小特集@ 三・一運動 100年
小特集A 『82年生まれ、キム・ジヨン』

1年ぶりの『抗路』第6号。今号も、ジャーナリスト・研究者・ミュージシャンらが論考・インタビュー・詩・小説など多彩な表現で、これからの「在日」「日本社会」を考えるためのテーマを掘り下げる。
  在日総合誌『抗路』第5号

定価 本体1500円(+税)
A5判 232頁

特集 在日の1948年
小特集 明治150年に思う

特集は「在日」の1948年。1948年を韓国現代史のみならず、戦後体制の始発点として取り上げる。小特集は「明治150年に思う」。またぞろ明治幻想が跋扈する、ここ日本の今を、「在日」「アイヌ」「沖縄」「部落」の視点から掘り返す。
  在日総合誌『抗路』第4号

定価 本体1500円(+税)
A5判

特集「在日」のクニ
小特集 激動する朝鮮半島

特集は「在日」のクニ。小特集として「激動する朝鮮半島」を収録。自明のものとしてあると幻想する「国」という概念を、在日の場所から問い返す。「国」「邦」、いや「クニ」。
  在日総合誌『抗路』第3号

定価 本体1500円(+税)
A5判・ソフトカバー・246頁

特集「在日」の記憶

特集は「在日」の記憶。出自・来歴の自覚に始まる在日であることの確認を、著者それぞれの体験から論述する。
  在日総合誌『抗路』第2号

定価 本体1500円(+税)
A5判・ソフトカバー・248頁

特集 在日の多様性

「在日」の世界を知ることは、日本を知ること。「在日コリアン」は、ここ日本社会において、どのような存在として生きているのか。そしてある場合には、生きることができなかったのか。その多様な生のあり方をそれぞれの分野で活動する人々が力強く論述する。今号も論考・インタビュー・鼎談・詩・小説など、多様な表現が誌面を飾る。
  在日総合誌『抗路』創刊!

定価 本体1500円(+税)
A5判・ソフトカバー 232頁

いま「在日」はどのような場所に置かれているのか。「在日」はどのような状況に取り巻かれているのか。それと、どのように向き合っていけばよいのか。「在日コリアン」だけでなく、この社会に生きるすべての人たちと共に考えたい。
在日コリアンは存在し続ける。その存在を忘れ、ないがしろにしようとする勢力に抗うために、いま何が必要なのか。ともに考えるための材料を提供するために。

民衆文化の発信基地 コラボ玉造

〒544-0032
大阪市生野区中川西2-15-9

TEL/FAX 06-6731-1699   

Mail info☆fanto.org

   ☆を@に変えてください