浪花の歌う巨人・パギやん(趙 博)

主な個人歴

1956年
大阪市西成区にて在日朝鮮人二世として出生
1962年
大阪市立鶴見橋幼稚園「松組」卒業、精勤賞授与さる
1965年
日韓条約締結により「韓国籍」となる
1973年
日本傳講道館柔道 弐段
1983年
文学修士号取得

主な芸能履歴

1992年11月
ファーストCDアルバム“Rapture & Rage”(ガーネット・レイジ)
1995年 2月
セカンドアルバム「爛漫」(ガーネット・レイジ)
1995年 5月
ビデオ映画「ぷくぷく夢がわいてくる」音楽担当
1994~2004年
「セレブレーション・コンサート」を毎年プロデュース
1995年 5月
シングルCD「橋 / 長らくご無沙汰してるけど」
第3集アルバム「ソリマダン」(初ソロアルバム)
1998年~
FMわぃわぃ「趙博のソリ・マダン」担当
2000年 6月
ライヴ盤アルバム「ガーリックちんどん」(第4集)
2001年 4月
故・マルセ太郎の代役で喜劇「イカイノ物語」に出演、全国を巡演
2001年11月
第5集CD「光のエチュード」
2002年 4月
一本の映画を独りの唄と語りで演じる【歌うキネマ】公演開始
2002年 12月
第6集CD「彼処此処(おちこち」(板橋文夫トリオとのライヴ録音・2枚組)
2004年 3月
歌うキネマ「西便制 / 風の丘を越えて」全国公演
2004年 8月
趙博民謡集Ⅰ「<恨>歌集」
「おんな唄つづら折り」全国ライヴツアー
2005年 2月
マルセ太郎:作、永井寛孝:演出「枯れない人々」に出演
2005年 3月
ドキュメンタリー映画「もっこす元気な愛」音楽担当
2005年 4月
矢野陽子喜劇ショップ「ワルルル…」で楽士、全国公演開始
2005年 12月
第7集CD「星の天秤」
2006~2007年
FMさがみ「趙博・朴慶南 / チャグンマンナム / 小さな出会い」
2006年 11月
総集編CD「趙博ベスト30」(二枚組)
2006年 12月
マルセ太郎傑作コント集「酒場劇場」に出演
TBSラジオ「永六輔の土曜ワイド」2006年度芸能大賞 受賞
2007年
FMさがみ「パギやんの今夜もヨイトマケ!」放送開始
2007年 4月
マルセ太郎:作、永井寛孝:演出 『花咲く家の物語2007』に出演(東京・両国シアターΧ)
2007年 7月
第27回「宵々山コンサート」に出演
2007年9~12月
「歌うキネマ大全」で全7作品連続公演(猪飼野KCC会館)
2008年 2月
マルセ太郎:作、永井寛孝:演出 『花咲く家の物語2008』に出演、東京、名古屋、京都、大阪、神戸を巡演
2008年 7月
「六輔・プラスワン」企画出演(クレオ大阪東、京都教文センター)
第28回「宵々山コンサート」に出演
2008年10月
東京・両国シアターΧ 「歌うキネマ」公演(西便制/風の丘を越えて、砂の器、スタンド・バイ・ミー)
ライヴ録音CDブック「All That Jazz / 音魂言霊」(二枚組・みずのわ出版刊)
難波・ワッハ上方「歌うキネマ・西便制 / 風の丘を越えて」公演
2008年11月
京楽座「アウトロー・WE」に客演(紀伊國屋サザンシアター、福岡ももちパレス)
2009年 2月
金聖雄監督「2・8独立宣言」ナレーション担当
2009年 3月
「声体文藝館・青春の門(筑豊編)」全国公演
2009年 6月
天満天神繁昌亭「銀瓶・パギやん / ピビンバ寄席」一杯目
2009年 7月
オーストラリア・ライヴ・ツアー(シドニー、キャンベラ、メルボルン)
2009年 9月
劇団態変「ファン・ウンド潜伏記」音楽担当
2009年10月
「声体文藝館」東京・両国シアターΧ 、名古屋・七ツ寺共同スタジオ、大阪・レインドックスで巡演(青春の門・筑豊編、泥の河、砂の器)
2010年 3月
第11集CD「百年目のヤクソク」
2010年 7月
「新宿ブルースナイト2010」出演
2010年 9月
「おかやま国際音楽祭2010」出演
「第10回 とよたストーリーテリングフェスティバル」出演
2010年12月
コンサート「百年を歌う」企画&出演(東京スペース・ワイ)
2011年6~7月
「百年、風の仲間たち」(作・趙博、演出・金守珍)ソウル1ヶ月公演
2011年 8月
DVD『コンサート・百年を歌う』
2011年11月
はるまきちまきとのコラボCD「原・減・言」
2011年12月
二人芝居「ばらっく」(共演:土屋時子)脚色&出演(広島・市民交流プラザ)
十三セブン寄席「東西名人会」企画・出演(シアターセブン)
2012年 5月
関西韓国YMCA「韓民芸科公演」舞台監督
第12集CD「うたの轍」(二枚組)
2012年 7月
「銀瓶・パギやん/ピビンバ寄席」(四杯目)
2012年8~9月
新宿梁山泊「百年、風の仲間たち」公演(東京・伊丹・豊川)
2012年11月
第28回「ワンコリア・フェスティバル」出演

著作・出版物

1989年
『在日朝鮮人民族教育擁護闘争資料集2』(共編、明石書店)
1995年
『ニッポンて何やねん?』(共編、セレ・コンCDブック:東方出版)
1999年
『英語がわかる』(河合出版)
2003年
『ぼくは在日関西人 / 歌う浪速の巨人・パギやん奮戦記』(解放出版社)
2007年
『夢・葬送 / パギやん Song Book』(みずのわ出版、写真:太田順一)
2011年
『パギやんの大阪案内 / ぐるっと一周【環状線】の旅』(高文研)

連載

  • 「洒落てしゃべくり三味の音」上方音曲漫才の歴史めぐり(隔月刊『インパクション』)
  • 「トリの眼・虫の目・ニャンコの目」(月刊『まねきねこ通信』)
  • 「パギやん 吠える!」(『人民新聞』)

印刷物等で紹介文が必要な場合は
下記をご自由に、引用・編集・統合してご使用ください。

趙 博(ちょう・ばく) 英語表記: Paggie CHO

「浪速の歌う巨人・パギやん」の異名をとるシンガーソングライター&歌劇派芸人。「FMわぃわぃ」(神戸市長田区)「FMさがみ」(神奈川県相模原市)「南相馬ひばりエフエム」(福島県南相馬市)のDJ。1956年大阪市西成区生まれ。大学でロシア語を、大学院で教育学を専攻。1983年文学修士号取得。コンサートはもちろん、語り芸「歌うキネマ&声体文藝館」シリーズも全国で公演。代表作は『ホタル』『砂の器』『青春の門・筑豊編』『泥の河』『パッチギ!』『キクとイサム』『マルコムX』『風の丘を超えて/西便制』など。音楽劇『百年、風の仲間たち』(演出:金守珍)、二人芝居『ばらっく』(共演:土屋時子)の脚本も手がけている。CD『百年目のヤクソク』『うたの轍』、DVD『コンサート・百年を歌う』、著書『僕は在日関西人』(解放出版社)『夢・葬送』(みずのわ出版)『パギやんの大阪案内』(高文研)など多数。 公式サイト http://fanto.org